通信費 節約

お金がかかるスマホは卒業して格安simでスマホ運用

 

スマホはお金がかかるから何とかしたい、今はガラケーだけどスマホに変えると料金が高くなるからそれは避けたいという人向けに格安運用の方法をまとめました。プランによりますが、ライトユーザーなら月額1000円ほどから持つことができます。

 

 

格安simを用意して激安な料金で運用

スマホの格安運用はこれです。スマホやガラケーなどの携帯電話は通信する為にはsimカードというICカードが必要になります。これはNTTドコモやau、ソフトバンク以外からも発行されています。これを利用します。

 

 

格安simはデータ専用と音声通話可能の2種類

simカードはデータ専用(インターネットのみ)、音声通話可能(従来のスマホと同等)の2種類があります。今ガラケーを持っていて2台持ちをするのならデータ専用で良いです。スマホ端末だけショップで購入してきましょう。

 

 

ドコモショップやauショップでは回線契約と端末販売がセットになっているのでNGです。街の携帯端末専門店やネットの携帯端末取扱店を覗きましょう。最近だとブックオフやGEOなんかでも取扱いがあります。安めに入手したい場合はネットの携帯端末取扱店(別名白ロム店)が良いです。

 

 

この時、購入するのはNTTドコモの端末かsimフリーという端末です。これ以外だと格安simが動きません。

 

UQ Mobileの格安simはauの端末も動作可能

例外的にKDDIグループのUQ Mobileの格安simはauのスマートフォンも動作可能です。auのスマートフォンの場合はUQ Mobileの格安simを申し込みましょう。

 

2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

 

今持っている携帯電話をやめて格安simのスマホに乗り換える

今ガラケーの場合

この場合はスマホ端末を用意してそれに格安simを挿してインターネットをします。注意点として用意する端末はドコモかsimフリー端末にしておくことです。

 

 

今持っているスマホをやめて格安simに乗り換える

ドコモユーザーの場合

これは今持っているスマホ端末がドコモかauかソフトバンクで異なります。ドコモの場合は基本的に新しく端末を用意する必要がありません。格安simを契約しましょう。

 

 

番号を引き継ぎたい場合はMNP、引き継がなくて良い場合は格安simを契約して、スマホが使えることを確認してから既存の回線契約を解約します。

 

auユーザーの場合

UQ Mobile社の格安simを契約します。これ以外はau端末に対応しません。番号移行が必要な時はMNP(モバイルナンバーポータビリティ)で契約します。

 

 

契約方法はauにMNP転出予約番号を発行してもらい、その番号を格安sim契約時に入力します。契約完了後、自動的にauは解約になり、UQ Mobileのsimが使えるようになります。

 

格安スマホならUQモバイル

 

ソフトバンクユーザーの場合

新しくスマホ端末を用意します。この時の端末はドコモ端末、もしくはsimフリー端末です。これを用意して、格安sim会社と契約します。今持っている番号を引き継ぎたい場合はMNP契約が必要になります。

 

 

ソフトバンクのサポートセンターに連絡してMNP転出予約番号を発行してもらいます。そしてその番号を格安simの契約時に入力することによって今の電話番号を引き継げます。

 

 

引き継がなくて良い場合は格安simの契約が終わった後に今のソフトバンクのスマホを解約します。

 

 

おすすめのドコモ系格安sim

色々とありますが、おすすめとしては以下です。

 

DMM mobile

 

OCN モバイル ONE

 

DMMは格安simの中で最安値クラスです。格安で使うにはこれがおすすめ。OCNモバイルoneは自宅でONC光を使っている人は200円/月の割引有り。

 

 

今から格安simを始めるならこれらの会社がおすすめです。