通信費節約ナビ

はじめに

 

毎月の通信費は家庭によって異なってきますが、数万円単位で支払っている家庭がほとんどだと思います。固定インターネット回線、スマートフォン、固定電話など合わせるとすぐに1万円を超えてしまいます。

 

これは1回だけではなく、毎月なので年間で考えると10万円単位で通信関係にお金を支払っていることになります。少しでも安くすることができれば年間で数万円単位で節約することができます。

 

当サイトでは通信費をできるだけ節約する方法、テクニックをまとめて紹介します。通信費用のランニングコストを抑えたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

 

毎月の携帯代金を節約する

 

毎月の携帯(スマホ)の月額料金は平均7000円弱です。年間で約84000円/台です。

 

一人暮らしの方は84000円で済みますが、家族4人でスマートフォンを使用していると336000円/年になります。

 

通信費節約のキモになるのでスマホ代はぜひとも安くしましょう。

 

格安SIM(MVNO)を使用する

これが一番簡単な方法で効果大です。

 

おおよそ月1000円~2000円程度で運用することができるのでキャリア(ドコモなど)に7000円/月くらい支払っている場合、毎月5000円~6000円の節約になります。

 

格安SIMと聞くと難しそうと思うかもしれませんが、普通のドコモやauなどのキャリアとほとんど変わりません。どこがサービスを提供しているかの違いです。

 

少し詳しく説明するとNTTドコモ(au)が使用している通信回線を楽天などが借りて、それを提供しているだけです。

 

現在数十社の格安SIM会社があり、料金に関してはほとんど同じで横並び状態になっています。

 

途中でサービス終了して移動しないといけないなど面倒くさい手間を省くためにも大手のサービスを選んでおくのが良いでしょう。

 

主要格安SIM(MVNO)

楽天モバイル:言わずと知れた楽天のスマホサービス。毎月の使用料の1%が楽天スーパーポイントで還元され、月額料金の支払いに楽天スーパーポイントを使うこともできます。

 

⇒楽天モバイルの詳細・申込みはコチラ

 

mineo:関西電力系列のケイオプティコムが提供しているスマホサービス。関西地方に在住している方はeo光(光インターネットサービス)のケイオプティコムね、となじみがあるかもしれません。関西電力系列ですが、全国で使用可能です。

 

⇒mineoの詳細・申込みはコチラ

 

固定電話を安くする

 

最近利用者はやや減ってきましたが、固定電話回線は1800円弱程度の基本料金が毎月発生します。これはインターネット回線のオプション、光電話で解決するのが基本です。

 

光電話は基本料金500円~で利用することができるので毎月1000円以上の節約が可能です。通話料金も8円/3分で国内のNTT加入電話で発信することができるので、通話もする方は寄りやすくすることができます。

 

フレッツ光

いわずと知れたNTT東日本・西日本が提供している光ファイバーインターネットサービス。マンションやアパート・寮などの集合住宅ではすでに設備が導入済みなところも多いです。

 

戸建住宅の場合は近くの電柱から回線を敷設する工事(1時間~2時間程度で終了)をすると導入することができます。以前は電話回線を利用したADSLサービスやダイヤルアップサービスが主流でしたが、現在はこのタイプがほとんどです。

 

オプションサービスの「ひかり電話」で戸建て住宅で500円/月、集合住宅で500円~1000円/月(住宅内の設備状況によって異なる)の基本料金で従来のNTT加入電話とほぼ同等のサービスを使うことができます。

 

auひかり

KDDIが提供する光インターネットサービス。NTTのフレッツ光とほとんどサービス内容は変わりません。住んでいるエリアや集合住宅によってどちらが使えるかは変わってきます。

 

こちらもひかり電話サービスが利用でき、月額500円で固定電話を使用することができます。

 

国際電話を安くする

国際電話は普通に通話するとすぐ数千円、下手をすると数万円の請求が飛んできます。国際電話の通話料金を安くするサービス「Telink」があるので国際電話を使う人は申込んでおきましょう。

 

基本料金は0円(18カ国への発信が1円/1分)と980円(40カ国への発信がかけ放題)があります。

 

国際電話をたまに使う人は基本料金0円のAプラン、よくかけるという人はBプランの980円のコースが良いでしょう。

 

⇒Telinkの詳細・申込みはコチラ